武藤、治療に専念するため日本に帰国

マインツは5日、右ヒザ外側側副じん帯の負傷を再発させた日本代表FW武藤嘉紀が日本へ帰国して治療に専念することを発表した。

武藤は2月6日に行われたブンデスリーガ第20節ハノーファー戦で右ヒザ外側側副じん帯を損傷。その後は順調に回復し、代表ウィーク後の4月2日に行われるブンデスリーガ第28節のアウグスブルク戦で復帰する可能性が高まっていたが、3月30日に行われたトレーニングで再度同箇所を負傷していたことが発覚した。
マインツのアクセル・シュスターGM(ゼネラルマネージャー)は、「我々は彼の治療方法について長い時間話し合った。その結果、日本での治療が最善だという結論に至った。日本には我々と同等レベルの医療設備があり、医師との専門的なコミュニケーションが必要となる治療の際にも、通訳がいらない彼の母国で治療を受けたほうが、より良いと思った」とコメントした。

武藤は今後、日本に戻って鹿島や日本代表のチームドクターを務める東京医科大学の香取医師と共に、国立スポーツ科学センターで治療を行うという。