マーケティング自動化ツールを選ぶ際に重要な6つの機能

マーケティング自動化はマーケティング担当者がオンラインマーケティングプログラムを管理することができる有用なツールとなりうる。

マーケティング自動化を成功するための1番目の段階は、正しいツールを選ぶことである。数多くのソリューションがあるため、どんなマーケティング自動化プラットフォームが適しているか区別することが難しい場合がある。大部分のプラットフォーム提供業者は自動化されたプログラム、Web訪問者の追跡及びリード点数システムと類似のツールを提供するが、多くの業者で必要でない追加機能を提供する。使用しない機能について費用を払うのは避けるべきである。

適切なマーケティング自動化ツールをどのように選ぶべきだろうか?マーケティング自動化がブローカー業務のROIにもたらす成功と効果を保証するために考慮すべき基準がいくつかある。

使用の便利性.  簡単に作業ができる直観的なマーケティング自動化プラットフォームを利用するのが望ましい。各ソリューションのインターフェイスが異なるため、簡単に管理できるインターフェイスを選んだり、作動方法が簡単に学べるものを選ぶようにする。

トレーニング. 運営しやすく、直観的なプラットフォームを望むのであれば自動化技術のメリットを最大限活用するために必要な技術を習得することを推奨する。

API 可能性. 選んだマーケティング自動化ツールが第3者システムと統合できるのかを確認しなければならない。LeverateのOptim8で例を挙げると、CRM,取引プラットフォーム、または他の獲得チャンネル間の AdWordsと統合できる機能を持ち合わせている。これによってシステムに貴重なデータがより豊富となり、潜在顧客をはるかに効果的にターゲッティングすることができる。

サポート. 顧客の規模に関係なく、最高の顧客サポートを提供する業者を選ぶのが良い。

価格. マーケティング自動化プラットフォーム会社で多くの価格構造が提供されている。業者間の価格が大きく異なる場合がある。業者を評価する際に設定費用、推進、教育、月別支給料金などのような費用及び追加機能を考慮しなければならない。

利用規約. 特に新しいマーケティング自動化ツールを使用する際には、長期契約に縛られないために実際の状況に適合するか可否を確認するべきである。長期間契約でなく年間契約を選ぶようにしよう。それがユーザーにとって正しいツールであるのか、可否を識別できる十分な時間が必要である。

 

read more:https://www.leaprate.com/experts/adinah-brown/6-critical-features-selecting-marketing-automation-tool-brokerage/