APP STOREでバイナリーオプションアプリを禁止

AppleはiOS App Storeアップデートガイドを発表した。このガイドはバイナリーオプション業界に大きな変化をもたらした。発表文書によると “バイナリーオプション取引を容易にする全ての応用プログラムはApp Storeから許可されない”とのこと。

Apple社側はブローカー, affiliates及びシグナル提供社にWebベースアプリケーションへの転換を勧めている。Appleの動きによって、ブローカーたちが市場で既存クライアントを維持しながら、新しいクライアントを引き寄せることに重点を置いている。

発表した内容によると、バイナリーオプションを含むアプリの新しいアップデートは許可されない。AppleがApp Storeからアプリを完全に除去する前は、既存のアプリは継続して使用可能である。

全世界の金融規制機関がバイナリーオプション提供業者によって発生する問題の解決に乗り出している。

 

極端的な処置

iOS App Storeで業界を全面的に禁止するということは、この会社にアプリケーション使用者からの不満が届いていることを意味する。過去何か月の間にバイナリーオプション製品についての関心が大幅に増加し、多くのブローカーが市場を去ったり、劇的に少数化したりした。

規制機関はバイナリーオプションの詐欺を防げるだけ効率的でなかったために、Appleは直接問題を解決し、App Storeから製品を消すことが使用者の不満を解決できる正しい方法だと判断した。

Appleがバイナリーオプションを許可しないことは、この重要な時期に業界にまた一つの打撃を与え、モバイルアプリケーション開発者に投資した全ての仲介社には大きな損失となる。今後はトレーダーがオーダーできながら、規制要求事項遵守についてアカウントを監視できるようなWebモバイルソリューションを目指さなければならない。

Appleの今回の決定はカリフォルニアで開催された開発者フォーラムでハードウェアとソフトウェアを発表したのちに、公開された内容である。新しい10.5インチの大きさのiPad Proを提供するタブレットコンピューターリストをアップデートし、専門トレーダー及びモバイル取引プラットフォーム使用者にとって非常に興味深い。

 

read more:  http://www.financemagnates.com/binary-options/brokers/breaking-apple-bans-binary-options-apps-app-store/