中国:PBOC ARM注文PSP, FXブローカー40社と取引中止

現地言論報道によると済南の中国中央銀行が第三者決済サービス提供業者に外換取引ブローカーとの取引を中断するよう指示した。現在当国は40社の主要FXプラットフォームを対象に調査している。

外換管理局(SAFE)より発表された内容によるとアメリカの外換監督機関が”不法オンラインFXプラットフォーム”に支払いサービスを提供する中国のノンバンクの活動を監視していると報じた。

中国人民銀行(Bank of People ‘s Bank of China, PBOC)の一員であるSAFEは各支払い代行社に許可を受けていない提供業者との取引を1つずつ調査するよう指示した。また、協力関係が存在する場合は直ちに業務を停止しなければならずプラットフォームと関連するすべての取引データと顧客情報は一括して保存する必要がある。

この問題を調査したFinance Magnatesは地域産業界にニュースを伝え、少なくとも現時点としては“中国東部の済南地方に限定されている”と主張した。また、この地域で活動する支払い業者はFinance Magnatesに PSPゲートウェイをFXではないウェブサイトに連結し問題に対処することが出来る。厳密に AML準拠のブローカーが将来的に拡大するならば最新の摘発を避ける事は更に難しくなるであろう。

実はこのような情報だけで中国政府がFXを禁止すると判断するのは難しい。

ブラックリストに載っているブランドリストには公式的な支払いルートがない一部IBが含まれている。
また、この文書の有効性や PBOCウェブサイトに公式的に開示されなかったとしながら関連業務に疑問を提起した。

最後に、たとえ個人が依然として自由に取引できたとしても第三者支払いサービスを通じ入出金できなくなった。

新たなブラックリストに載っている会社リストにはAlpari, XM.com, IG.comのような有名ブランドが含まれている。

 

read more: https://www.financemagnates.com/forex/regulation/china-pboc-arm-orders-psps-stop-transacting-40-fx-brokers/