アメリカの金利決定とスターリング・ポンド上昇の予想における動き

アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)が総選挙実施を可決 水曜日にドル市場は小幅な動きにとどまった。これはEU撤退の行き詰まりに終止符を打つことができる。

ドルはユーロに対して1.1110ドルと安定しており、投資家がFRBの金利を待っている為、他の主要通貨に対しても97.698と安定していた。
一方、円に対しては低くても108.84円、火曜日には、109.07に到達し、3ヶ月ぶりの高値をつけた。

アメリカ中央銀行は、2日間の会議で水曜日に3回連続で金利を引き下げると予想されている。
スターリング・ポンドは1.2865ドルで最後の取引を終えた。

他の主要通貨の中でも中国人民元は、投資家が連邦準備制度理事会の結果と米中貿易交渉の実施方法の明確化を待っていた為、わずかに上昇した。

現物市場では、中国人民元の現物価格が7.0650で最新の取引を終えた。