DUKASCOPY 2017年上半期に収益17 %減少、運営損失900,000ドル

スイスに本社を置く小売FX仲介会社Dukascopyが2016年に収益が大幅に下がった関係で2017年上半期の事業活動がさらに減少するとみられる。

Dukascopy revenues 2017 1H

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年上半期Dukascopyは2016年下半期より6 %減少した1,430万スイスフラン(CHF)収益を報告し、昨年第一四半期より17 % 程度低い数値を記録した。

上記の通りDukascopy 2H-2016売上はすでに2014年以降最も低い数値であり、2011年に比べ5 %下落した数値である。

Dukascopyの営業損失は902万CHF で、前年度に340万CHFの黒字計上により一段落した。

プラスな面ではDukascopyは上半期にクライアントの資産を2016年末の1億3,040万CHFから1億1,170万CHFに増加させた。

Dukascopyは今年上半期に発生した問題に対する説明は行っていないが、昨年末の会社が抱える問題の続くものだと仮定できる。

Dukascopyは2016年の報告書においてDukascopy Japanの成功的な統合に焦点を当てているため、2016年に地理的拡大プロジェクトが保留になったと述べた。Dukascopy Japanは変わらず (2016会計年度基準)資産を失っている。日本の子会社は2017年に財政的平衡に到達と考えられる。

Dukascopyはマーケティング費用の増加にも関わらず、マーケティング予算増加はその年(2016年)に、予想した成果をあげられなかった点について遺憾を表した。

Dukascopyは夫婦である AndreyとVeronika Dukaが2004年に設立し、会社の99 %を所有している。この夫婦は2014年にCEOであるAlain Broyonが去った後、会社の共同CEOとなった。

 

read more: https://www.leaprate.com/forex/brokers/dukascopy-decrease-revenues-1h-2017-operating-loss-fx/