FCA、無許可会社へ警告

英国の規制当局である金融庁は、FX会社が認可を受けずに運営していることについて別の警告を発した。今日の声明は、規制当局がいくつかのバイナリーオプションと外国為替ブローカーに対して一連の警告を発してからわずか2日後である。

今回FCAはRevolution Variable Systems(RVS)に対して警告を行った。同社のウェブサイトは、洗練されているが、ほとんど実用性はない。たとえば、「コーポレートアカウント」のセクションがあるが、サイト上のどこにも、これらのコーポレートアカウントの1つにサインアップする権限はない。

同社はまた、取引ソリューションを提供するものとして自らを宣伝しているが、これがブローカーとして機能するのか、単にソフトウェアを供給しているのかが確認できない。ウェブサイトのテキストは、それがブローカーとして行動することを示唆しているが、その大部分はできるだけ多くの専門用語を含むことを目的としているようだ。

FCAは英国の住所の下にRVSを掲載しているが、これは同社のウェブサイトに隠されている。その会社の住所に登録されている会社がないことを考えれば、英国内に事業拠点があるとは考えられず、偽会社である可能性があるようだ。

そのような組織に対する警告は、FCAの活動の一部である。規制当局の警告ページは、そのような企業に対する一般市民の注意を喚起する声明文を出し、これらの企業がどのくらいの頻度でポップアップするかを示している。

 

read more: https://www.financemagnates.com/forex/regulation/fca-issues-another-warning-unauthorised-firm/