FCA, 投資プラットフォーム市場調査範囲設定

Financial Conduct Authority (FCA)は本日、投資プラットフォーム市場調査のための委任事項を発表した。

投資プラットフォームは投資を管理するのにより多く使われるようになっている。プラットフォーム市場はこの8年間で着実に成長し、advisor及びプラットフォーム資産管理(AUA)は2008年の1,080億ポンドから2016年の5千億ポンドへ増加した。

多くのプラットフォームは投資家が決定を下す際に役立つ多様な情報とツールを提供しており、一部プラットフォーム自体は投資商品も提供する。研究の一環としてFCAはプラットフォームを通じて投資家が素晴らしい投資決定を下すことができるかどうかと投資ソリューションが投資家にとって価値があるかどうかを調査する。

一般的にプラットフォームを通じて小売投資家はお金を稼ぎ良い投資収入をあげられなければならない。FCAプラットフォームが実際にどのように競争をしているのか、そして投資家たちに良い取引を提供するためにソリューションを使用しているのかを調べる。

投資家が小売投資商品及びこのような商品に対する情報にアクセスできるように、プラットフォームは別のプラットフォーム、資産管理者及びファンド等級提供者と相互作用する。

この研究の目的を達成するためにFCAは ‘プラットフォーム’を広範囲に定義する。この研究は投資プラットフォームや投資家やコンサルタントがオンラインポータルを通じて小売投資商品にアクセスができるようにして、類似のサービスを提供する全ての会社を調べる。

2017年6月に発表した資産管理市場最終報告書でプラットフォーム部門の様々な潜在的な競争問題を強調した。(FCA資産管理市場研究についてIGの反応を確認したい可能性もある。).

Christopher Woolard (FCAの戦略及び競争担当理事)は次のように述べた。

プラットフォーム使用増加と以前の研究で提起された問題によってプラットフォーム間の競争が消費者の利益のため作動するかどうかを評価したい。プラットフォームは消費者に重要な利益を創出できる潜在力を持っているべきであり、消費者は実際にこのような利益を得られなければならない。

FCAは2018年に夏中間報告書を発表する予定であり、その際に結論と憂慮事項を解決できる策を提示する予定だ。

 

read more: https://www.leaprate.com/financial-services/rules-and-regulation/fca-sets-scope-investment-platforms-market-study/