FINRA, 監督失敗で J.P. MORGAN SECURITIES LLC に280 万ドルの罰金

金融産業規制当局 (FINRA)は本日、証券取引委員会(SEC) 顧客保護規則違反及び関連監督失敗の理由でJ.P.MORGAN証券に280万ドルの罰金を科すと発表した。SEC規定は顧客の資金と証券を保護する為に作られたものだ。

ブローカーとディーラーに問題が発生した際、顧客が資産を回収することができるよう保証する為に顧客保護規則を作った。顧客有価証券保管を維持するブローカー-ディーラーが該当有価証券の実際所有権を獲得し維持管理することが求められる。このような有価証券は“統制の場所”に管理されなければならず、顧客が有価証券を所持できない様妨げる他の不利益があってはならず、会社は分離された有価証券を自体の用途に使用することがあってはならない。

FINRAは2008年3月から2016年6月まで J. P. Morgan Clearing Corp.は自身の

所有又は管理システムが適切に運営されていることを保証する為の合理的なプロセスがないと判決した。会社で分離されなければならない株式をシステムコーディング及び設計の欠陥、再発及び未解決の赤字、不当な監督によって使用することが出来た。

優れた統制場所にある証券の移動及び維持失敗により同社は数億ドル相当の海外及び国内証券に赤字を生み出した。例えばJ.P. Morganはイタリア証券をほぼ2年の間優れた統制場所に移すことが出来ず、サンプルの1日当たりの純損失は約1億4,600万ドル相当、81のイタリア証券に赤字が生じた。

“企業は顧客の有価証券を保護する根本的な責任がある。“ “顧客保護規則は投資家保護の重要な構成要素であり会員企業は所有及び統制要求事項を遵守する為システム及び手続きを合理的に設計し維持管理しなければならない。”と FINRA執行部の

Susan Schroeder副社長は述べた。

 

read more: https://www.leaprate.com/financial-services/fines/finra-fines-j-p-morgan-securities-llc-2-8-million-supervisory-failures/