FORMAX UK, FCAブローカーランチングに先立ち£700,000の損失発生

中国に基盤を置くオンラインブローカーグループである Formax GroupのFCA規制部署はイギリス及びヨーロッパ地域で大規模マーケティングを推進している。

このためにイギリスの子会社であるFormax Prime Capital (イギリス) Limitedは2017会計年度に(3月31日まで)  £ 707,834の損失を出し、総収入は £42,000であった。 (しかしこの会社は今までも続けて効果的にstart-upモードを使用している。)

2017年700,000パウンドの損失と着手後に累積した130万パウンドの損失– 2017年3月31日現在、純資産が200,000パウンド未満である。会社株主は今年末にマーケティングを推進するために、さらに多くの資本を会社に投入する見込みだ。

2015年1月Formax Groupは先立って言及していたイギリス子会社についてFCAライセンスを取得し、以降イギリス/ヨーロッパで営業準備をしている。 Formax Groupは中国人Bill ChanとCharles Maoが2012年に設立した。VC資金を準備した後、Formaxは2014年初めに香港SFC Asset Management Type 9ライセンスを受け、その年の末にSecurities Trading Type 1ライセンス及びFutures Contract Trading Type 2ライセンスを追加で受けた。

Formaxは2015年末にオーストラリアレギュレーターASICと若干の争いを起こした。Formaxはオーストラリア資本市場サービス(Australian Capital Markets Advisory Services Pty Ltd) (または‘ACMAS’)というASICライセンス会社を引き受けたが、ACMASは活動を中止しAFSライセンスはASICによって一時中止となった。 ASICはFormax Groupに自社のウェブサイトから ‘虚偽供述’を削除するように強要した。このウェブサイトではAFSライセンスが‘企業が再構成される毎に発生する正常な慣行の一部として中断された’と伝えた。

明白なことはFormax UKは大衆的なMT4プラットフォームを使用することを計画しており、またクライアントにZuluTrade自動システムを提案する見込みだ。新しいアカウントの最小入金は £ 1,000を要求しており、Formax UKはイギリスオンライン取引市場の高級セグメントに沿うと思われる。
Formax UKは去る12か月の間、準備期間へ経て広範囲の市場に進出する前に持続力と拡張可能なインフラを備えている。

親会社であるFormax Groupは独自的なカスタム型ブリッジ技術を使用し、リリース初期に人力,システム,技術及びマーケティングに莫大な投資をしており、今後数か月の間にビジネス規模を拡張するための強力なマーケティング及び販売促進に重点を置いている。

テストを経た後、口座が開設されたことが確認された。まもなく新しいウェブサイト及びその他マーケティング活動が開始され、今後数か月の間は活動を加速する計画である。新しいサイトは有用なコンテンツ及び市場分析を通して顧客にとって有用なツールとなるだろう。

我々のフォーカスはA Book取引モデルである。すなわち競合社の一部とは異なり、取引が100 %成立し、FCA規制状態と規定遵守に重点を置き、全ての顧客資金を安全に維持して会社の資金と常に分離されるようにする。

 

read more: https://www.leaprate.com/forex/brokers/formax-uk-loss-fca-brokerage-launch/