FXCM、LEUCADIAに現在まで1500万ドル返済完了、残り7000万ドル。

2018年 11月 1日 大型投資銀行であるJefferiesがSECに四半期別レポートを提出したという。該当書類にはFXCMと Leucadia National(Jefferiesの親会社)の 貸し付け関連の契約進行状況が含まれていた。

昨年2015年, Jeffeiresは FX BrokerであるFXCMを救済すべく3億ドル規模の金額を支払い買収したという。両社の契約書によると、債権者(Jefferies)は投資に対し、かなりの利益が得られることを補償すると明示されていた。

2018年9月30日、投資収益に対し詳細内容を確認することができた。2018年第3四半期まで、 JefferiseはFXCMに初期に投資した金額2億7900万ドルから、初期投資額、利子、手数料を含む全3億4700万ドルを受け取ったという。

該当契約書の内容によると、債務償却は2017年1月までであった。現在は2019年1月まで延長されている。初期年間利子率は10%であったが、次の年の四半期別で1.5%ずつ引き上がり、現在は20.5%まで引き上げられた状態である。

今年9ヶ月間FXCMはJefferisに1540万ドルを利子として支払った。今後、全7060万ドルをさらに償還すれば財務関係を終えることができるだろう。

Jefferisは2018年9月30日まで期間融資に対し、3ヶ月間と9ヶ月間の償還された金額を比較した時、各130万ドルと1640万ドルを受け取ったと計上した。

2017年の貸し付けの償還速度と比較した時、遅くなった点を確認することができる。2017年9月30日まで期間融資に対し3ヶ月間と9ヶ月間の金額は各230万ドルと1760万ドルに達した。また、75%までの該当する資本を保有する権利を持っている。

昨年11月に最新版に改正された融資契約書の内容はJefferiesがFXCMの議決決定権に関して50%を所有するというものであった。また、75%までの該当する資本を保有する資格を持っている。.

今年始め、FXCMは新しいブランドにの立ち上げに専念した。該当のブランドは“Leucadia”となり、Jefferiesは該当企業に投資する関連会社となった。

JefferisとFXCMは融資契約を機に、機密な関係を作り上げ、相乗効果を発揮した。また、今年の4月に両社はPrime Brokerage関係を公式的に発表した。