日本金融庁、仮想通貨取引所を処分

日経 (Nikkei)は日本の金融規制当局である金融庁が (Financial Services Agency)がいくつかの仮想通貨取引所に対し処罰通知を発表したと報じた 。

1月に有名な取引所コインチェックで580億円相当の仮想通貨が流出して以来、FSAは取引所を調査している。今回の事件は過去最大の仮想通貨ハッキング事件である。当時、 FSAは取引所に対する現地調査を実施すると述べた。

最初の調査がすでに完了した状態だ。報告書によるとFSAは顧客保護及び マネーロンダリング(資金洗浄)防止や法令順守の観点で問題がある事例を確認。業務停止処分とした。
規制当局はコインチェックに業務改善命令を伝える予定であり、顧客補償の実行過程をモニタリングする予定だ。ロイター通信によるとこの取引所は約463億円を顧客に返済することを約束したが、いつ実現されるかは明らかにしなかった。

日本は昨年4月に裁判所で仮想通貨を法的入札で認定しそのような団体を規制しなければならないと判決した後、仮想通貨交換業の登録制を導入した。導入後、初回に11社を登録した。

NEMを同社が外部のネットワークと接続できる状態で管理していたことが、今回の不正流出につながった。同社のシステムが、外部から不正にハッキングされて盗まれた可能性がある。 コインチェック攻撃の影響で日本仮想通貨事業者協会と日本ブロックチェーン協会が統合し新団体を設立すると発表した。

 

read more: https://www.financemagnates.com/cryptocurrency/news/japanese-regulator-begins-punishing-cryptocurrency-exchanges-post-inspection/