LAND-FX、LAND-LIQUIDITY流動性商品の提供を開始

Land-FXはUK市場に新たな投資機関を立ち上げた。 FCAが規制するLand-FX子会社はFX、CFD、金属、原材料の流動性の提供に焦点を当てLand-Liquidityウェブサイトを開始した。

Land-FXは、業界で最も信頼性の高いFCAライセンスを昨年買収しFCAの監督の下で、EU諸国で運営することが出来るようになった。 Land-FX英国子会社の焦点は、小売市場事業の拡大であった。 2017年は、Land-Liquidityが運営されている最初の年になるだろう。

Land-Liquidityは、高レベルの流動性を提供し、相当量の資本を必要とする顧客とプライムブローカーの間のギャップを埋めることを目的としている。

同社は、Finance Magnatesと共有して、会社の機関の事業を始めた理由の一つは、最近起こった規制環境の変化のためである。 欧州の小売FXの市場は、ブローカーに比較的魅力的ではないので、卸売流動性と清算市場での新たな機会を模索している。

Sean Park
Sean Park, CEO of Land-FX UK and Land-Liquidity

Land-LiqudityのCEOであるショーン・パーク(Sean Park)は、「複数の流動性プロバイダを介してリスクをヘッジするための対応策を探している間、すべての人が同じハイブリッドビジネスモデル自身の不透明な基準に基づいて選択的にヘッジ取引をしである。」と述べた。

 

「業界で私たちのブリッジ(bridge)の技術、経験およびネットワークを介して他の人よりも上手にできると確信しました。」と説明した。

Diana Alazova
Diana Alazova, eFX Sales Manager at Land-Liquidity

Land-LiqudityはTier1銀行とノンバンクの流動性提供者と提携している。業界の主要なブローカーを見ると、Citi、Deutsche Bank、Barclays、Morgan Stanley、JPMorgan、Nomura、Goldman Sachs、Credit Suisse、UBS、BNP Paribas、HSBC、RBS、Commerzbank、ANZ、RBCとState Streetなどがある。戦略はスプレッド、実行品質、グローバルな位置と実行性を重視して顧客に良い取引を促すことだ。

Land-LiquidityのeFXセールズマネージャーDiana Alazovaは「私たちの決済ソリューション・が開始出来て非常に嬉しいです。Land-Liquidityは顧客に流動性を提供し、ECNを提供するブローカーに流動性管理し、直接的な関係を可能にする。”と述べた。

Land-Liquidityはロンドンと東京のEquinixのLD4とTY3のデータセンターにある待機時間が短いサーバを運営しており、ヨーロッパとアジア地域の顧客に迅速かつ安全なサービスを提供する。

詳細: http://www.financemagnates.com/forex/brokers/exclusive-landfx-launches-land-liquidity-institutional-offering-fca/