FXCM、Q3売上11%減少した4400万ドル、営業損失420万ドルを記録

Broker FXCM Groupの50%を所有しているグローバル会社(NASDAQ : GLBR)はアメリカ規制機関に第3四半期実績を提出した。FXCMの第2四半期実績が昨年同時期と比較し11%減少し第3四半期実績が4400万ドル、第2四半期実績は4940万ドルを記録した。

同社は第2四半期に210万ドルの営業利益を記録したことに比べ第3四半期に420万ドルの純営業損失を記録した。最近2年間、貨幣マーケットの激しい変動性により第3四半期の売上及び収益は低くならざるを得ないと評価された。

しかし発展速度が遅い事実があるのにも関わらず GLBRとFXCMはQ2が報告された時よりもはるかに良い状況だった。

グローバルブローカレッジが(Global Brokerage)先週発表した内容により会社約款の第11条に対し再構成を進行しており、転換社債発行者が172百万ドルを支払った。グローバルブローカレッジは今後5年間負債を返済しなくてはならないとした。

GLBRと完全に分離された FXCMはLeucadia National Corp (NYSE : LUK)に対する残余負債を同一交渉の一環で1年延長した。

FXCMはLeucadiaに先立ち言及した融資金を返済するために過去2年間、資産及び非核心事業販売を遂行した。最近FXCMは機関用 FX ECNユニット FastMatchを Euronext NV (EPA : ENX)に売却してFXCMに5千万ドル以上を売却するにあたり手助けをした。

FXCMは販売できる唯一の非核心資産はLucid Marketsに対し投資を統制することである。FXCMはLucidを販売する積極的な営業プロセスにあると明かした。

 

read more: https://www.leaprate.com/forex/brokers/fxcm-posts-q3-revenues-44-0-million-11-qoq-4-2-million-operating-loss/