スターリング・ポンドは回復傾向だが、ブレグジット課題の中、圧力により動かず

ポンドはアジアで火曜日、ドルに対して回復したが、英国下院のスポークスマンであるジョン・バーコウがジョンソンの合意に再び投票することを拒否したことによって、圧力をかけられていた。

GBP/USDペアは、AM12:44(04:44GMT)に0.2%増の1.2982に達した。

ジョンソンは、10月31日にブレグジットを規制するEU欧州連合と協定を結んだ。しかし、英国議会は土曜日に法案を可決し、ジョンソンに追加でEUの期限を迫った。ジョンソンは、その期限はあまりにも厳しすぎると言った。

今週の報道は、ブレグジット関連の法律を議会で可決したいという願望を中心に展開している。

オーストラリア国立銀行長とアトリル総裁はロイター通信に対し、次のように語った。「市場は先週、楽観的な見方が広がったものの、ポンドの上昇は予想していない。」

USドル指数も6通貨バスケットを追跡しており、97.03であまり変化はない

現在、中国とアメリカの貿易戦争は有利な環境にあり、解決策が期待されている。

ドナルド・トランプ米大統領は月曜日、中国はアメリカの農産物購入を開始し、貿易戦争の終結に向けて取り組んでいると述べた。