アメリカ – 中国間 貿易紛争の恐れ

 

このポストは Credit Financier Invest (CFI) Ltd. の研究及び市場分析担当者である Reem Aboul Hosnが提供する。
今週週明けに原油価格の急落の引き金となったのは何だろうか。

一つはアメリカの政策が市場に与える影響及び世界貿易の拡大への懸念である。

関税引き上げ

最近激化しているアメリカと中国の貿易紛争で、トランプ政権はアメリカの技術に対する中国の「盗難」に抗議する為に、中国からの約600億ドル相当の輸入品に対し25%の関税を提示した。

これに対し中国は128のアメリカ輸入製品に対して25%の関税引き上げを行い世界最大経済国家間の貿易戦争を触発させた。

アメリカの関税に対する中国の厳しい反応によって、アメリカの大企業がトランプ大統領の接近方式を批判し長期間の持続的な成長が終わりを迎える恐れが高まった。

中国がアメリカを打ち負かすと貿易戦争の懸念が加速した。

商品貿易におけるアメリカと中国の赤字は、約20年の間大幅に増加している。2010年の赤字規模は2730億ドルで2017年には3360億ドルと増加した。

貿易戦争がアメリカ貿易赤字全体に及ぼす影響ははっきりしない。2017年アメリカの石油輸出は平均435,000 b / dで2016年に対して140%増加した。赤字を減らすためにトランプ政権はエナジー取引の関税を賦課するとう中国の措置を撤回する必要がある。アジアでは米国原油の価格競争が激しく、米国には国内供給の増加を吸収する余力が無い為、無制限に放置すると中国への純油類の流入量が増加する可能性がある。

最近の不確実性にも関わらずアメリカの石油埋蔵量の減少は過去8か月から12か月の間、原油価格の上昇の主な要因となっている。現在アメリカの石油埋蔵量はこの時期の5年平均値である2013-2018年より低くOECD埋蔵量は5年平均に近い。

過去アナリストたちはOPEC合意の終結は供給が物価を重視して物資市場を早く受け渡してくれることを意味すると信じた。しかし危険のバランスによりOPECが規律を維持でき、現在の市場がバランスを維持するものと予想することを示唆する。UAEエネルギー長官であるSuhail Al Mazroueiによると、石油生産量を制限する世界的な条約によって供給過剰問題の85%が解決され、 世界経済が引き下げで利益を得ており石油市場が貿易戦争に直接的に影響を受けないだろうと述べた。Al Mazroueiは貿易戦争が 掘削費用、完成費用に影響を与えるかもしれないと付け加えたが、全体的な石油価格への影響はごく僅かだろうと述べた。

市場の見通し

報復措置に対する市場反応は早い。S&P500指数は4月2日に2.2%下落した後、1.7%下落した。ダウジョーンズ産業平均指数は1.7%下落した。アメリカニューヨーク産業取引所(NYMEX)で1月アメリカの原油は18セント安の63.33ドルで取引を終えた。ブレント油はロンドンの証券市場で21セント安の67.91ドルを記録した。

 

read more:  https://www.leaprate.com/experts/reem-aboul-hosn/us-china-trade-dispute-concerns-oil-outlook/